ホントのところ・・・な日記

日々の気になること、興味のあること紹介します

ドラマ「コウノドリ」第7話感想!理想の出産とは?助産師はすごい!

   

ドラマ「コウノドリ」第7話が放映されましたね。

ダウンロード
相変わらず、毎回感動のシーンが必ずあり、ネットでは絶賛の声がやみません。

今回のテーマは「理想の出産。」「助産師と産科医」「自然分娩と帝王切開」
初産の妊婦さんにとっては、いろいろ考えるところですよね、
どんな展開になるか楽しみです。

スポンサードリンク

あらすじ・感想

images (2)
助産院での自然分娩こそが、赤ちゃんにとって一番の幸せだと信じて疑わない妊婦・森。
バランスのとれた食生活を送り、適度な運動をかかさない、出産への意識が高い妊婦です。

しかし、助産院への思いが強すぎて、病院への産科を毛嫌いする一面もあり・・・

通院する助産院のベテラン助産師・野々村には理想の出産を語りますが、義務付けられている病院の検診では、担当医の鴻鳥と、一度も目を合わせない程、病院での出産を嫌悪しています。

一方陣痛の痛みに耐えられない妊婦・山田は助産師が主導で進められる正常なお産にも関わらず、鴻鳥に対して、産科医なのに何で何もしてくれないのかと、叫んでいます。

そんな言いたい放題の山田に対しても、助産師の小松は力強く手を握って励まし続けます。
初産の妊婦には、もっと寄り添う時間を増やしてあげたいが、病院ではなかなかできません。

スポンサードリンク

助産院を開業した友達から引き抜きがきていると、小松は鴻鳥に打ち明けます。

そんなおり、野々村の発言をきっかけに、小松を四宮が言い争ってしまいます。
産科医のいない助産院で出産することに批判的な考えを持つ四宮に対して小松には助産院への特別な思いもあるようで。

小松の母親は助産師でした。
出産で死産があったため、閉院してしまいました。
病院で検診していれば、助かったかもしれないと母親は思っていたかも・・・と小松。

「助産師なんて、中途半端」という小松に、鴻鳥は、助産師がいないと、だめなんだと、小松さんに語ります。
「僕たちは何かあった時の為にいる。」とも。

森の陣痛が来ましたが、なかなか赤ちゃんが降りてくる様子がありません。
それでも、自然ぶんぶんを望む森さんでしたが、このままでは赤ちゃんが危険です。
「帝王切開もりっぱな出産です。」「元気な赤ちゃんを産むというのが、ちゃんとした出産というのです」と、鴻鳥。
まわりの説得でようやく、帝王切開に切り替えました。
森は、無事赤ちゃんを産むことができました。

要は、元気な赤ちゃんが生まれれば、みんな幸せで、そのためには、帝王切開であろうが、助産院であろうが、病院であろうが、手段はこだわる必要ってないってことですよね。

でも、今回のストーリーで、きっと助産師にあこがれる人もいてるのではないでしょうか?

毎回、コウノドリでは、「命」の勉強をさせてもらっていますね。
小中学生も是非見て欲しいドラマだと思います。

スポンサードリンク

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本マイクロソフト新社長・平野拓也の年収や大学は?経歴についても
ダウンタウンなうに加護亜衣が離婚後初出演!劣化や復帰の原因は?
東京国際大学が箱根駅伝初出場!メンバーや注目選手は?予選会の結果も
小林里乃が可愛い!テレビ出演の経歴は?身長や体重が気になる!
山根佐由里のwiki風プロフィール!連勝記録がすごい!彼氏についても
ジニエブラBE FREE篇に平子理沙出演!スケスケワンピで美ボディ披露
no image
延田グループ新CM「水かけ論」編に郷ひろみと宮本和知が出演!
世間知らずな松岡みやびはセレブ!母や結婚とは!アウトデラックス
no image
みずほファイナンシャルグループ新CM「そばにある。」篇に福士蒼太
林典子は知的美人!Wiki風プロフや経歴は?彼氏や結婚についても