ホントのところ・・・な日記

日々の気になること、興味のあること紹介します

ドラマ「コウノドリ」第6話感想!不妊治療や高齢出産の先にあるものとは?

   

ドラマ「コウノドリ」第6話が放映されましたね。

今回のテーマは「不妊治療と高齢出産
本当にいろいろな問題があります。
妊娠や出産が命がけなんだと、毎回思い知らされますね。

スポンサードリンク

あらすじ・感想

ダウンロード
お腹に痛みを訴えた31周の妊婦が運ばれてきました。
すぐに緊急開腹手術を行いましたが。子宮破裂の為子宮は全摘、赤ちゃんも助かりませんでした。
妊婦は43歳。2年前に子宮筋腫を切除する手術を受け、不妊治療をしていました。

鴻鳥が診察する妊婦・竹下も43歳。5年間の不妊治療の末、妊娠。臨月を迎えましたが妊娠高血圧症候群が懸念され大事を見て入院します。

ある日、鴻鳥のもとに娘の芽依を抱いた永井が駆け込んできました。
永井が保育園から芽依を連れて職場に戻って仕事をしているうちに様子がおかしくなったそうです。
永井は男手一つで芽依を抱かえ、仕事と育児の両立に一生懸命です。

スポンサードリンク

そして入院中の竹下が帝王切開の日がやってきました。
手術には、産科医の鴻鳥、四宮、下屋、新生児科の新井、白川らが立ち会い、バックアップ体制は万全ですが、手術中の母体に予期せぬ事態が起きました。

子宮の収縮が悪く、出血が止まらず、子宮を全摘しないといけなくなったそうです。

こんなこともあるんですね。
祈るような気持ちで見てしまいます。

なんとか無事に手術は終わり、竹下の命も助かりました。
「もっとはやく産めばこんなことにならなかったのかな」ポツリとつぶやきます・・・

でも、赤ちゃんが元気育ち、対面したときの竹下夫婦の笑顔が本当に素敵でした。

森口さんは相変わらず綺麗ですね。
まさか49歳とは。

不妊治療や高齢出産の伴うリスクはもちろんあるでしょうが、日頃から体調の管理に気配りして、元気な赤ちゃんを産んで欲しいなと思います。

今回のストーリーも不妊治療の末の生と死が対比した内容でした。
残酷ですが、誰にでも起こりうる事だと思います。
妊娠によって糖尿や高血圧になったり、いろいろあります。
どんなに頑張っても、努力しても、ダメなときはあるんだってことを思い知りました。

切ないですね。

スポンサードリンク

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「シューイチ」で東京モーターショー2015近未来カーや次世代自動車って?
伊藤達哉のWiki風プロフや経歴は?高校や熱愛彼女についても
東京国際大学が箱根駅伝初出場!メンバーや注目選手は?予選会の結果も
ルウトのすっぴん画像がヤバい!彼氏や性格は?本名や家族についても
小田急電鉄 特急ロマンスカー 2015秋「大切な人」篇ロケ地の旅館はどこ?
ど根性ガエル第5話!悪徳社長に初森ベマーズ監督が出演!青森弁社長とは!
石井麻理が爆笑!THEフライデーに出演!現在はサロネーゼで場所はどこ?
秋田商エース成田翔の球種や出身中学は?マネージャーもかわいい!
アウトデラックスで塚田僚一とたなしんが卓球対決キャラがかぶってる?
2015年夏牛角プロモーション牛角の夏が始まるCM!期間限定クーポンも